HOME > 働くあなたの権利手帳 > 働く人の保険って何?

働く人の保険って何?

 事業主は労働者を雇い入れる場合、原則として社会保険(健康保険、厚生年金)や労働保険(雇用保険、労災保険)への加入を義務付けられています。いざという時のために加入しましょう。

 事業主は常時5人以上の労働者を雇っていれば、社会保険への加入が義務付られ、それ以下でも任意加入できます。社会保険にはパートやアルバイトでも一般労働者の4分の3以上の労働時間または労働日数があれば加入できます。
 労働保険には1人でも雇っていれば加入が義務付けられています。パートでも1週の所定労働時間が20時間以上、31日以上の雇用見込みがあれば雇用保険に加入できます。雇用保険に加入していれば、失業した場合、加入期間に応じて失業手当が受けられます。解雇など退職理由によっては加入期間が6か月以上あれば失業手当の対象になります。
 健康診断は事業主の負担で最低でも年1回は実施することになっています。パートやアルバイトでも一定の要件があれば会社の負担で健康診断が受けられます。 

法律上の根拠!

  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 労災保険法
  • 雇用保険法第4・5・10条
  • 労働安全衛生法第3・4・10条