HOME > 働くあなたの権利手帳 > 働くルールの基本は

働くルールの基本は

 基本は憲法です。憲法第13条では国民の幸福追求権、憲法25条では国民の生存権、27条では国民の働く権利、28条では労働基本権を定めています。

 憲法は、人間らしく生き、働くための労働条件をすべての労働者に保障し、労働者を劣悪な条件で働かせることを規制しています。こうした趣旨に沿って、労働基準法や最低賃金法、労働安全衛生法などの労働者保護法が定められたのです。
 日本国憲法は ①国民主権 ②恒久平和 ③基本的人権の尊重 の3原則から成り立っており、働くルールは基本的人権として保障されています。


    効力の順序
    憲法>法令>労働協約>就業規則>労働契約>業務命令(左の方が効力が強い)

  1. 労働協約…労働条件等を労使で取り決め、記名・押印したもの
  2. 就業規則…使用者が労働条件等を定めた規則
  3. 労働契約…使用者と個々の労働者との契約